★★★ 2019度受験 合格者から沢山の作文をいただきました ★★★
塾より : 「文章内容は、校正後オリジナリティーを損なわない程度に省略している場合があります。」
<< 氏名や出身校の掲載は、許可を得た場合のみ行っています。 >>
 
●三宅 崚斗くん(蒼開高校卒業)
島根大学 医学部(医学科) 合格
 東京理科大学  工学部   合格
 関西大学 システム理工学部 合格
 
 僕が入塾したのは小学3年の時でした。当時は友達と遊ぶばかりで、勉強は基本的に塾だけ、塾の宿題も必要最低限しかしないといった状況でした。夏期講習の時に居残りをさぼり、そのことで叱られたこともありました。
 中学生になり、勉強の難易度が上がったことにより、勉強時間が増えたものの、そこそこの成績で満足し、それ以上の努力を引き出そうという感じではありませんでした。部活にもほぼ毎日行き、学校行事にも熱中し、友達ともたくさん遊んで、充実した日々でした。
 そして高校生活。高2までは中学の時と同じ様に過ごし、受験についてあまり真剣には考えていませんでした。高3になっても、夏頃までは大学どころか学部も決まらず、夏になって、明光の先生とよく話し、とりあえず以前から考えていた『医学部』を志望することにしました。一度決めたら、しっかりやり遂げようと覚悟し、それからセンター試験までは、勉強漬けの日々でした。先生に作ってもらった専用プリントを使って、夏休み中には化学を70点から90点に、地理を50点から80点にしました。また、夏休み後には、難関校を目指す友人と点数を競い合い、切磋琢磨することで、苦手な科目や勉強が足りない単元の底上げをすることができました。中学、高校の6年間で培ったものを入試本番で存分に発揮できたことで、合格を掴み取ることができました。
明光での学生生活は僕にとってかけがえのないものになりました。今まで支えて下さった家族や先生方のお陰です。本当にありがとうございました。これから受験する皆様に、幸多からんことをお祈りしています。

●野津 しずくさん(洲本高校卒業)
兵庫県立大学  看護学部  合格
 防衛医科大学校 看護学科 合格

 私は吹奏楽部に所属していました。そのため、他の部活に比べて引退の時期がとても遅かったです。私の3年間は部活一色といってもいいほどで、1~2年の頃は、受験を見据えた勉強は全くしていませんでした。しかし、夏休みに入り、周りのみんなが受験モードに入ると、さすがに焦りました。勉強したいけど、部活も最後までやり遂げたいという思いが混ざり合って、とても苦しかったです。その頃の学力は、合格にはほど遠かったので、苦しい思いはなおさらでした。
 そんな時、公募推薦という入試方法を教えてもらいました。その内容は、私の得意科目である英語の読解と小論文、面接というものでした。11月に試験があり、入試までにあまり期間がありませんでしたが、挑戦してみようと思い、夏休みの後半くらいから過去問で練習をはじめました。県立大の英文はニューヨークタイムズからの出題が多く、単語の難易度は高いですが、辞書の持ち込みがOKなので、読解はわりとできました。しかし、背景知識がないと小論文を書くのは難しいと思います。なので、日頃から医療のニュースを見たりして、知識をつけることが大切だと感じました。
 推薦での合格を勝ち取るには、学校の成績ももちろん大事です。何より私が感じたのは、部活動の大切さでした。評定平均が高いことはもちろん良いことですが、人にはない自分を形成することが、合格への一歩段階であると思います。明光は、一人ひとりに合わせて、志望校合格への道を教えてくれます。困った時はみなさんも頼ってみてください。全てのことに、心から感謝しています。
●吉岡 大起くん(青雲中学校卒業)
洲本高校 総合探求類型 合格

 僕は高校受験に備えて、中学2年生の夏期講習から明光義塾に通い始めました。当時、僕は英語について何もわからず、いつも点数が悪く、英語を勉強することが嫌になっていました。それではいけないと思い、親に頼んで明光に通うことになりました。初めは夏期講習しか行く予定はありませんでした。しかし、体験授業を受け、しばらく授業を受けていたら、「2学期からもここに通いたい」と思いました。なぜなら、明光は個別授業だからこそ、分からないことも聞きやすく、先生と一緒にむずかしい問題を考えることで自分の学力をのばせると思ったからです。何よりも、内容の詰まった濃い学習ができ、授業がとても面白かったです。また、定期テスト前には無料の自習会が開かれました。そこに行けば集中して勉強することができ、わからないことがあれば先生に質問することができたので、点数を取れなかった教科の英語が、今では一番点数が取れる教科になりました。しかし、これだけで合格することができたのではありません。受験の一ヶ月ほど前には受験対策として小論文の授業を入れてもらいました。この授業では、国語の文章力も身につけることもでき、探究類型で学びたいと思っているAI(人工知能)についても、先生からいろんな話を聞いて幅広い知識をつけることができました。
 合格作文を書ける権利を得たと聞いた時、たぶん僕はこの作文を書いている人の中で一番努力をしていない人間なのに大丈夫だろうかと思いました。家でも明光の宿題しかしていませんでしたし、合格した今も、まだまだ出来ないことや分からない問題はあります。なので、僕に伝えられる事は、そんな僕を合格に導いてくれた先生方や家族に対する感謝の気持ちしかありません。この作文を読んでいる人は、今の僕のように、作文の権利を得たら、自分の努力した内容を書けるように頑張って下さい。ここまで尽力してくださる先生方の力を借りて、たくさん勉強してください。来春には、皆さんにも満開の桜が咲くことをお祈りします。僕も頑張ります。

●西川 太志くん(蒼開高校卒業)
 徳島大学 工学部 合格

 僕は年長から剣道を始めました。なので、小さい頃から「文武両道」を座右の銘としていました。とは言うものの、勉強はあまり好きではなく、剣道の稽古に集中していました。小学校の頃から三原教室に通っていましたが、高2の3学期から学校の友達と同じ洲本教室に変わり、僕のやる気のスイッチが入りました。だんだん勉強が楽しくなってきたのです。剣道も最後の総体まで頑張りました。教室長の先生も「時間はあるとかないとかじゃなくて作るものだから、勉強と両立して部活は続けるべき」とおっしゃってくださり、とても励みになりました。
 総体後、僕のやる気スイッチは完全に入りました。先生が生徒のレベルに合わせて作ってくださった理系の黒ファイルは、特に勉強になりました。最初は大変でしたが、解いていくうちに力がついていっているのが分かりました。このファイルを作って下さった先生にはとても感謝しています。模試の偏差値に伸び悩んでいた時期もありました。落ち込んでいた時も、明光の先生方のお陰で前向きに考えることが出来ました。受験生の皆さん、落ち込む時間ももったいないと思ってください。僕の場合、短期集中型でしたが、大学生活も「文武両道」を座右の銘として頑張っていきたいと思います。
僕のことを支えて下さった先生方、家族、友達、今までありがとうございました。

●伊達 美玖さん(洲浜中学校卒業)
神戸市立工業高等専門学校 合格

 私は中学2年生から数学の成績を上げるために明光義塾に入塾しました。最初は本当に数学が苦手でした。しかし、先生方が理解していない所を具体的に説明して下さり、わからない所は私がわかるまで粘り強く教えてくださったおかげで、テストの点数や成績が上がりました。そうするうちに、分かることが面白いと感じ、数学が好きになりました。また、数学の点数や成績が上がることでモチベーションが更に上がり、他の科目も伸びていきました。
ある日、神戸高専のオープンキャンパスに行って、「ここに行きたい」と目指し始め、9月からは英語と理科でも通い始めました。評定は3年の2学期までのもので、特に3年生の評定は重要だったので、決心した日から勉強時間を増やして頑張りました。理科は数学の次に苦手な科目でした。答えは合っていても、それを先生に説明してと言われた時は、根拠を明確にして論理的に説明することができず、とても大変でした。しかし、少しずつ考え方を身に付けていきました。冬休みからは過去問を解き始め、慣れない問題は大変でしたが、分からない所はたくさん質問をし、たくさん教えていただきました。合格した時の喜びは大きく、また応援してくれた方の祝福の声を聞くと頑張って良かったと思いました。
明光に通って成績を上げていなかったら届かなかったと思います。中学1年生の頃からコツコツ勉強していたことも合格できた要因だと思います。本当にありがとうございました。これからも頑張ります。

●平岩 大介くん(蒼開高校卒業)
 神戸大学  工学部      合格
 同志社大学 理工学部    合格
 関西大学 システム理工学部 合格

 僕が合格してから一番強く思ったのは、「本当に良い環境で受験生活を送ることが出来た」ということです。明光義塾に入塾したのは、高校1年生の時でした。当時、遊ぶことだけに夢中だった僕の成績は、学校の中でも平均以下で、学校の先生には「もっと頑張りなさい」と言われるほどでした。その時、相談に乗ってくれた友達が紹介してくれたのが明光義塾だったのですが、優秀な生徒が多いという噂から少し不安な気持ちもありました。しかし、実際に入塾してみると先生方は優しく、熱心に勉強を教えて下さり、同学年にはたくさんのライバルが出来ました。高校3年生になると、周りの受験生の勉強に一段と熱が入り、僕も自然と受験モードに入ることが出来ました。しかし、大学入試の勉強はやはり簡単なものではなく、何回も壁にぶち当たり、心が折れそうになることもたくさんありました。そんな時に自分の励みになったことが2つありました。1つ目は一緒に明光に通っていたライバルの存在でした。彼らに負けたくない、受かって一緒に喜びを分かち合いたいという気持ちで持ちこたえることが出来ました。2つ目は明光の先生の応援でした。センター前に言ってもらった、
「お前は今までで一番頑張っているから絶対にいける!」
この言葉のおかげで最後まで諦めることなく全力を出すことが出来ました。
授業中に良く居眠りをして先生に起こされてばかりだった僕も、家族や仲間達、先生方に頼りながらではありましたが、E判定だった志望校に合格することができました。これから受験に挑戦する皆さん、最後まで諦めずに頑張って下さい。応援しています。

●熊田 有紗さん(青雲中学校卒業)
須磨学園高校 Ⅲ類理数(特待生S) 合格

 私は中2の冬、須磨学園合格を目指したいと思い、明光義塾への入塾を決めました。それまで私は受験を強く意識したことがなかったので、何をしたら良いのか分かりませんでした。特に国語は、今まで何となくで問題を解いて、学校のワークぐらいしかしていませんでした。しかし、明光の先生に文章の読み方や選択肢の選び方など論理的に考える方法を教えていただき、これまでの国語の苦手意識を無くすことが出来ました。また、講習で自分に合った教材を使って、実力をつけることができたし、勉強をする習慣も身に付けることが出来ました。そして、私が難しい問題でつまずいた時でも、先生が親身になって教えてくれ、励ましの言葉をかけてくれたことで、入試当日は周りに圧倒されず、自分に自信を持つことが出来ました。
これまで私を支えてくださり、本当にありがとうございました。私が最初に過去問に取り組んだとき、時間が全然足らず、難しい問題ばかりで本当に不安になりました。しかし、明光の先生に、「点数を見て一喜一憂せずに、多くの問題に触れてそれらを理解することが大切だ」と教えてもらい、頑張ることが出来ました。なので、もし壁にぶつかってしまった時でも自分が出来ることをして、時には他人に頼ることで、何とかその壁を乗り越えることが出来ると思います。この作文が少しでも誰かの役に立てばうれしいです。

●篠倉 歩己くん(津名高校卒業)
大阪府立大学 生命環境科学域 合格
 
 僕が大学受験を強く意識し始めたのは、高3の4月末頃に開催された大学受験ガイダンスです。先輩たちが志望校を目指して一生懸命勉強していたという事実を知って、自分も本格的に勉強を始めようと思いました。しかし、1学期のうちはなかなか成果が出ず、特に自分が一番苦手とするセンター国語では、得点力が上がる兆しがほとんど見えませんでした。なので、夏休みが終わる頃には、本当に合格できるのかという焦りが募っていました。
 しかし、2学期の初め頃、明光の先生に「勉強時間が足りてないのでは?」と言われ、改めて仲間たちが必死に勉強している姿を見てみると、自分はまだ勉強に対して真剣になっていないのではないかと気づき始めました。それからは、塾で自習する時間を増やし、疑問を先生にとことん聞くことで、苦手科目の解き方を覚えていきました。模試の結果は安定していたとは言えませんが、先生が日々の勉強の仕方を教え、親身に相談に乗ってくれたことが、学力向上の助けになった上に、不安が自信に変わっていきました。
 残念ながら、センターで国語と理科が思うようにいかず、第一志望の神戸大農学部を断念するはめになりました。しかし、もし明光の先生方の懇切丁寧な指導がなかったら、大阪府立大への望みも断たれていたかもしれません。合格発表の日、僕は明光に結果を報告しに行きました。先生方が待っていましたが、僕が「合格」の一言を放った途端、僕に飛びついて喜んでくださいました。この反応が嬉しくて、「本気でやってきて良かった」と心の底から思いました。
 一年間、紆余曲折を経ましたが、僕を本当に本気にさせてくれた先生方には感謝の念でいっぱいです。本当にありがとうございました。 
●石原 慎也くん(三原中学校卒業)
洛南高校 海パラダイム 合格

 僕が三原教室に入塾したのは、中学校の入学前です。中学入学後は、島内の高校に入学できれば良いと漠然と考えていて、勉強も定期テスト前だけ頑張っていました。3年生になると、高い目標をもち、一生懸命練習していた部活で良い結果を出すことができたので、島外の強豪校で部活に入部し、記録を伸ばしたいと思うようになりました。そして、志望校を11月に決めました。
 2月の入試日まで3カ月しかありませんでしたが、そこから勉強を全力で頑張りました。明光の先生方は親身になって対策を考えてくださり、全力でサポートしてくださいました。11月に一度過去問を解くと、例年の合格最低点には程遠い点数でしたが、先生方はとても難しい過去問を僕が理解するまで教えてくださいました。そのおかげで過去問を解く度に点数が少しずつ上がり、自信がついていきました。また、入試直前に先生方が励ましてくださったことも、より自信をもって入試に臨めた理由だと思います。その結果、入試では全力を発揮することができ、合格を掴みとることが出来ました。これまで支えてくださった明光の先生方全員に感謝したいです。
 この入試を通して、僕は本当に行きたい高校を決め、どうしても行きたいと思えば、それに向かって頑張れるということを知りました。また、勉強と部活の両立も可能だということも実感しました。この経験を活かして、高校では勉強と部活のどちらも全力を注ぎたいと思います。後輩のみなさんも、勉強と部活の両立は頑張ればできることだと思うので、頑張ってください。

●中尾 洸太くん(洲本高校卒業)
 徳島大学 薬学部 合格

 僕は高2の頃から明光に通っていましたが、全然勉強もせず、先生の言うことも一切聞かない問題児でした。そんな僕も、受験シーズンになると少しずつ勉強し始め、毎日のように授業を受け、夜遅くまで自習室にこもり、まるで明光が別荘のようになっていました。
 ただ、最初は順位も点数も伸びず、悩むこともありました。ですが、明光の先生は、的確に僕の弱点や良いところを指摘してくれ、「こうやれば良いよ」と教えてくださり、その言葉を信じて勉強を続けていると、ほとんどの科目が出来るようになりました。そして、いつの間にか大好きなゲームよりも勉強の方が好きになっていました!
それからというもの、時間が過ぎるのが早く感じました。苦しいことや辛いことがありながらも迎えた、本番のセンター試験当日、僕は神に見放されたかのように体調を崩してしまいました。それでも平常心を保ち、自分のペースで挑み、良い結果を出すことが出来ました。その時は、先生や家族、友達も喜んでくれました。
 そこから二次試験までの時間はとても短かったです。徳島大学の一風変わった問題に慣れるには、時間がかかりました。それでも無事に合格でき、今では大学生活が楽しみです。
 僕がここまで来ることが出来たのは明光のおかげです。手のかかる生徒だったと思いますが、今まで応援して下さった先生方や友達、家族には感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

●加野 夏希 さん(南淡中学校卒業)
淡路三原高校 サイエンスコース 合格

 私は淡路三原高校のサイエンスコースを受験しました。試験内容は、数学と英語の筆記テストと面接でした。
 当初数学は私の不得意教科の一つでした。もともと頭がかたい私は、応用問題を解くことに苦戦していました。しかし、塾でいろいろな問題と向き合って、時間をかけながらも解き終えた時には、達成感を味わうことができました。日々様々な問題を解いていくことで、たくさんの解法パターンを身につけ、問題にかかる時間も短くなっていきました。全て自分の力で考えて、正しい答えにたどり着くことができた時には、少しだけですが、数学の楽しさが分かったような気がしました。
 また、私は自分の意見を人に伝えることが苦手で、面接の練習でも苦戦しました。毎日練習し、試験の3日前には、塾の先生にも付き合ってもらって、どんな質問をされても自分で頭の中で意見をまとめ、相手に伝えることができるように頑張りました。本番でも面接官の先生にしっかりと自分のことや意見を伝えることができたので、面接が苦手ながらも毎日練習してきて良かったと思いました。
 これから私は、「中学校の先生になる」という夢を叶えるために、日々勉強に励んでいきたいと思います。私がサイエンスコースに合格するためにサポートしてくれた塾の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

●山中 彩弥加さん(淡路三原高校サイエンスコース卒業)
 岡山大学   薬学部 合格
 立命館大学 薬学部 合格

 私が明光義塾に入塾したのは高校2年生の春でした。それまでは他の集団塾に通っていましたが、学習する曜日や時間帯を自分で決められることや自分のレベルに合った授業を受けられることに魅力を感じ入塾を決めました。
 その頃から国立大学薬学部を志望していたため、担当の先生は全体的な学力の向上を目指した2年間の計画を立てて下さいました。同じ先生が2年連続で私を担当して下さったことも幸運でした。
 英語に関しては、基礎的な文法事項を一通り学習し終えていたため、授業では応用問題を多く解きました。苦手な英単語や構文の暗記はコツコツとノルマを達成していくうちに徐々に身についていきました。また、英作文では、すぐ添削をしてもらえる上に私の癖を把握した的確なアドバイスを頂けたことでミスが大幅に減りました。
 数学に関しては、数Ⅱや数Bから苦手意識が芽生え始めましたが、確認のための小テストを挟みながら繰り返し練習することでセンター試験を何とか乗り切れました。また、二次試験では数Ⅲが必須でしたが、全ての範囲を2年生の冬休み頃から3年生の夏休み前までの間に一通り学習し、夏休みにはいろんな大学の過去問を解きながら解答の流れを掴んでいきました。
 生物、化学は3年生の春から教えて頂きましたが、夏休みの特訓の成果は11月頃に現れました。その後も毎日のように黒本や青本を解き、センターの形式に慣れていきました。
 受験勉強は面白くないことが大半を占めていましたが、授業中のうんちく話で知識が広がったり、受験のためであることを忘れて目の前の問題に夢中になったりする時間はとても楽しくて、かけがえのないものでした。
 大学へ進学してもその一瞬を忘れず、学びを大切にしたいと思います。

●石井 三知留さん(志筑小学校卒業)
啓明学院中学校  合格

 私がこの受験を無事に終え心に残っていることは、たくさんの経験をしたということです。
 私の中でどんなことが経験だったかというと、一回落ちてしまったことです。私が受験した啓明学院中学校は二回試験が受けられる学校で、一回目がA方式、二回目がB方式となっています。
 A方式では、私なりには問題は解けていたと思いました。暗記ごとが出来なくて、算数はすべて解けて、解けた問題・出来なかった問題もわかっています。私が思っている中で一番ダメだったことは、体力テストでした。私は体を動かすこと自体、あまり好きではいなかったので全くだめでした。でも、面接はしっかり答えられたと思っていました。
 しかし、発表の大きな一枚の紙に私の番号はありませんでした。合格手続きの用意をしていたぐらい自信がありましたが、なんだか穴にはまったような気持ちでした。
 私は翌日のB方式にかけてみました。算数や国語もあまりきちんとできた感じはありませんでした。しかも面接で家族の話をしているときに泣いてしまいました。
「あぁ、もう落ちているのだろうなあ。」
 と次の日の発表にダメもとで見に行きました。私がそこについたときには、はしっこの列の番号が見えていました。前にいる人たちでなかなか見えなかったけど、私の番号は「1677」だと心の中で言いながら最初から見ていくと、ありました。後ろで見守ってくれていた母のもとへいき、
「受かってた!」
 と言いながら行きました。しかし、母は、
「落ちた子もいるからあまりさわがないでね。」
といつでもどこでも冷静な母でした。でも、ちゃんと心の中では喜んでいてくれているのが分かりました。
 私は一回落ちてしまったのもふくめ良い経験だったと思います。どんな中学生活になっていくのか、私はすごく楽しみです。

●吉本 春音さん(津名高校卒業)
 立命館大学   文学部 合格
 京都女子大学 文学部 合格

私は、京都に行きたいという思いと理系科目が苦手ということから、私立大学に進学すると決めていました。
 しかし、いざ受験勉強を始めようとしたところで、膨大な知識量を前に途方にくれそうになりました。けれど明光の先生方は毎日の勉強計画や対策など親身に考え、時には厳しい言葉で導いてくださいました。受験が近づくにつれ、なかなか消えない英語の苦手意識や過去問で格段に難しくなった日本史に、強い焦りと不安を覚えました。模試が最後までD、E判定だったことも大きかったと思います。そんな中、先生の「出された問題を解くだけ。大丈夫よ」という言葉と手渡されたメッセージ入りはちまきは私を強いものにしてくれました。最終的に当初考えていた大学より上の大学に合格できたのも、先生方の熱心な指導のおかげだったと思います。
毎日夜遅くまで自習するために開室してくれる先生方、送迎や食事などあらゆる面から支えてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです。また、焦りや弱音を共有し、お互い励まし合いながら頑張れる友だちが周りにいたことも、とてもいい刺激になりました。
これから受験する皆さんもきっと様々な壁にぶつかることがあるでしょう。そんな時は、自分で限界を作らず強い心で諦めないでください。後悔のないように、頑張ると必ず何かに繋がると思います。来年の春、皆さんの努力が花開くことを願っています。

●権田 きらりさん(一宮中学校卒業)
星陵高校 普通科 合格

受験は本当に不安だらけです。ある子は遅くまで塾に残って勉強をし、点数がいつも80点以上の子がいたりなど、段々と自分に自信がなくなりました。そんな時はいつも神社に参拝に行き、心の何処かで大丈夫と思える自分を作ります。そうすると安心感が生まれ私には神様がいるからと前に進むことができました。
受験の日は皆の頭が良さそうに見えて段々と焦燥感に押しつぶされそうになります。私の場合は一人で自分の落ち着かせる方が良かったので、昼休みはトイレで勉強しました。
この1年間は何度も「自分を変えよう」と努力しました。どういう風に変えたかと言うと、自分の心に余裕を持てるように努力しました。私には色々なプレッシャーと苦闘がありました。長女は手本として立派になるべきだというプレッシャー、家族の期待に応えたいという気持ち、弟に勝ちたい、皆に認めてもらいたいという苦闘が、数え切れないほどたくさんありました。
闘っているときは、塾帰り何度も涙を流したりして、「悔しい。今の自分を認めたくない。逃げたい」とずっと思っていたけど、本当に頑張って良かったです。何より、今までやってきたことは間違いじゃなかったのだと証明されてとても嬉しかったです。「自分は自分らしく歩めばいい」と思えました。
私は一人では戦えなかったけれど、たくさんの先生方が手を差し伸べてくれたからこそ合格することができました。受験のおかげで人と人との繋がりは何よりも大切に温かく自分を包みこんでくれるのだと分かりました。人生で大切なものは困難に立ち向かってこそ出会え「がむしゃら」にやるから自分でいられるのだと今は感じています。

●下田 一葉さん(淡路三原高校卒業)
関西大学 商学部   合格
近畿大学 国際学部 合格

私は、三原教室に約5年間お世話になりました。当時から英語が好きだったので 、外国語大学に行きたいとなんとなく思っていましたが、真剣に自分の進路について考えたことはありませんでした。でも、高校二年生の秋に先生から淡路島では得られない受験情報を教えてもらって、受験勉強を始めました。最初の頃はみんな勉強を始めていなかったので、まだ自分も・・・と思うこともありました。しかし、皆が三年生から勉強を始め、基礎から勉強している中で、私は先に過去問などに取り組めたので、早めに始めてよかったと思いました。三年生になってからは、指定校などで周りの友達の進路が決まったりして、自分も流されそうになりました。でも、周りに流されないように、なるべく塾に行って勉強して、先生にモチベーションを上げてもらっていました。
私の受験勉強での最大の敵は、現代文の記述でした。できない自分に腹が立って、何度も泣いたし、逃げそうにもなりました。でも負けず嫌いなので逃げるのも嫌で、周りの人に支えてもらいながら頑張りました。入試直前まで、解答時間が間に合わず、満点をとれることもなかったので、できないまま終わるのかと思っていました。しかし、本番では時間があまり、帰ってきて先生に採点してもらったときには、練習でも取ったことがなかった現代文満点をとれて嬉しかったです。本当に最後の最後に克服できて、諦めないでよかったと思いました。最後までやりきることができたのは、家族はもちろん、これまで一緒にしんどいことを乗り越え、励まし合ってきた友達、そして真剣に向き合ってくれた先生のおかげです。本当にありがとうございました。しんどいことの方が多かったですが、その中でも自分の力の伸びを実感して自信を得ることができました。
今後は、受験を通じて学んだたくさんのことを活かして、もっともっと自分を成長させていきたいです。

●楠木 智久くん(津名高校卒業)
 香川大学 教育学部 合格

 私は中学3年生の頃から明光に通っています。高校生活最初の定期テスト前、母に「一度本気で勉強をしてみたら」と言われ、そこでよい結果が出てから、スムーズに受験へとつながったとだと思います。最初、国語が苦手で文章を読むのも慣れていませんでしたが、続けて明光に通っていくうちに文章を読む際のコツなどを教えてもらい、どんどん成績が伸びていきました。これがきっかけで私は国語が好きになりました。
 私は、兄が国立大学に進んだこともあり、高校1年生の頃から国立大学の受験を考えていました。明光での学習や先生からのアドバイスは、私の受験に対する意識をどんどん高めてくれたと感謝しています。また、明光での夏期講習は国数英以外の教科についても指導してもらえたため、すごく力になりました。そのおかげで他の教科についてもどんどん成績が伸び、自分の中で大きな自身につながりました。
 受験が近づくとマーク式の模試などをたくさん実施してくださり、より実践的な学習ができたことで、センター試験では落ち着いて臨めたと思います。さらに夜遅くまで自習席を開けてくださり、同じように大学を目指す仲間と一緒に勉強することでモチベーションを保つことが出来ました。
 明光の先生方に教えてもらったことでどんどん成績が伸び、希望していた大学に合格することが出来ました。明光での学習は成績だけではなく、私自身の自信も高めることができ、合格の喜びを味わうことが出来ました。これは自分にとって一生の宝です。是非みなさんも明光に通ってこの宝を手に入れてほしいです。

●村松 歩乃実さん(広田小学校卒業)
蒼開中学校 合格

 私は明光義塾に入る前は、問題を解いていても分からなかったり、間違ったりした問題はそのままでした。当時私は、問題を解いていれば頭が良くなっていると思い込んでしまっていたからです。でも、明光義塾に入って、間違えたところなどを先生が丁寧に教えてくれ、これが勉強なんだと気付きました。一つひとつ分かっていくうちに、自分に自信がついていったので、とても嬉しかったです。
 私は六年生になった頃に、蒼開中学校に入ろうと思ったので、そこからのスタートでしたが、中学受験をしようと思う人は、前々から家での勉強を頑張ったりして、早くからスタートした方が良いと思います。小学校の勉強はやればやるほど貯金になる、と蒼開中学校の先生も言っていましたが、本当にそうだと思います。
 私は蒼開中学校に入って、勉強も遊びも楽しんで、社会のために働ける人になりたいです。勉強に対する考え方を教えてくれた明光の先生方にとても感謝しています。本当にありがとうございました。

●谷岡 智成くん(蒼開高校卒業)
神戸大学  工学部   合格
立命館大学 理工学部 合格
同志社大学 理工学部 合格
 
僕は神戸大学に合格することができました。が、ここまで辿り着くために、とてつもなく多くの苦労を経験しました。その中でも一番苦しかったのは勉強ギライになってしまった中学3年生の頃の自分を変えることでした。当時は、夜更かし&遅刻は日常茶飯事で、学校が終わるとすぐにゲームをするというとんでもない不良少年でした。学校のテストでも平均点から大きくかけ離れ、成績もどん底に落ちてしまいました。しかし、ふと明光に通っている友達が高得点を連発しているのを見て、「自分は何て無駄なことをしていたんだろう」と気づき、そこから死にものぐるいで勉強をしました。全く勉強をしていなかった一年間の遅れを取り戻すのは、想像の何倍も苦しく、本気で勉強し始めても、最初は結果が全く伴いませんでした。でも、明光に行くと、同じ目標を目指して戦う仲間や、己の卑小さを痛感させられるほど素敵で尊敬できる先生がいて、学びへの意欲が尽きることはありませんでした。そうやって勉強して、模試で初めて、志望校のA判定を取れた時の喜びは、言葉では言い表せないほどでした。そして、この苦労を乗り越えたという自信が、弱気だった自分を変える糧となり、本番でも緊張に負けることなく、力を発揮できました。この合格は、連日、朝早くから夜中まで、勉強の環境作りをしてくださった先生方、ライバルとして競い合った友達、塾に通わせてくれた親やたくさんの人のおかげです。皆さんに恩返しできるように、大学でも人一倍がんばりたいと思います。

●馬詰 和宏くん(蒼開高校卒業)
愛知医科大学 医学部(医学科) 合格

僕は中3の春休みから明光にお世話になりました。正直、当時は医学部に行くという目標がありながらもダラダラと過ごすことが多かったです。その中で明光の環境は今考えると、とても刺激的でした。
僕は明光での勉強も楽しかったですが、先生と話すのがとても好きでした。先生から聞いた自分の知らない世界のお話が、今までの自分のあり方を反省し、生活を変えようと決意したきっかけになったのは確かです。少しずつ勉強において大切なことは何かを教えてもらいながら塾に通い、高2の夏から本格的に受験勉強を始めました。
常に質問しやすい雰囲気で納得するまで付き合ってくださる先生方のおかげで、わくわくしながら勉強することができましたが、勉強が嫌になり、孤独で自分が分からなくなった時期もあります。それでも、辛い時に前向きな言葉をかけ続けてくださった先生や、常に前向きに努力していた仲間など本当にたくさんの人達の支えのおかげで受験を終えることができたと感じます。
受験を通じて、少しずつ、自分の生き方の芯のようなものを身につけられたと思います。次のステージでも、この経験を生かし、目の前のことに一生懸命取り組みたいと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

●岩見 大翔くん(津名中学校卒業)
津名高校 総合科学科 合格

僕は中学校3年の夏から本格的に受験勉強を始めました。当時、僕はあまり数学ができなかったので、先生方の熱心な指導のもとで基礎からしっかりと復習をしました。夏休みが明け2学期の中間と期末テストでは1学期の成績と比べて上がっていたので嬉しかったです。
明光では自習会など様々なイベントがあり、自習会では僕の分からないところを先生方が丁寧に教えてくれます。また、明光で行われた高校入試のセミナーでは高校に入学してからのことや大学のことなどを教えて頂き、入学してからの勉強方法や計画の立て方を自分で設計できるようになりました。
そして、2学期終盤になり受験勉強に更に力を入れなければならない時、僕が自習に行くと先生が励まして下さり、授業では分からない問題も丁寧に解説して下さり、自主的に自習に行くようになりました。おかげで勉強をする癖が付き、家でゴロゴロする位なら自習に行こうと思うようになりました。入試が近くなって不安になってきても、先生方が優しく励ましてくれたおかげで自信を持つことができました。そして、合格した時は人生で一番と言っても過言ではない位嬉しかったです。これからも自分の将来の夢に向けて勉強を頑張っていきたいと思いました。これまで勉強の習慣が無かった僕に勉強という習慣を付けて下さった先生方には心から感謝しています。

●細川 達暉くん(津名高校卒業)
 島根大学 総合理工学部 合格
 近畿大学 工学部     合格
京都産業大学 理学部   合格
 龍谷大学 理工学部    合格
 岡山理科大学 理学部   合格

明光の先生は、センター試験の受験科目選択で、適切なアドバイスをしていただきました。現代社会へ受験科目を変えたこと、そして先生方の熱心な指導があり、本番での得点が模試の倍以上UPして、なんとか前期へ出願するレベルまでもっていくことができました。センター本番の会場では緊張もあり、動揺すると実力の半分も
出せないと思っていたので、一旦自分の時間を作るように工夫をしていました。     
私はセンター前の学校面談で産近甲龍、国公立が非常に厳しいと言われました。しかしそれでも国公立の夢はあきらめたくなかったので、気持ちを折ることなく勉強を続けることでなんとかいきたかった国立に出願することができました。結果的に私立の合格もとることが出来ました。
受験を通して一番大変だった時期は、クラスメイトも次々と合格して、受験を終えていく、1~2月の最後の2次試験時期です。しかし、明光の先生、そして同じように2次試験に向かう仲間にも支えてもらうことで、勉強しようと思え切磋琢磨勉学に励むことができました。
勉強をここまで本気でやる時間はそう多くはないと思います。多くのことがありましたが、この大学受験は自分の中で、本当に良い経験となったと思います。本当にありがとうございました。

●福谷 友基くん(津名高校卒業)
 徳島大学 理工学部 合格
 近畿大学 工学部   合格

定期テストの勉強すらあまりせず学校の提出物だけを適当に出しており、二年生のマーク模試で、正答率49%志望校E判定だった僕が、国公立大学に合格できた理由は3つあります。
まず一つ目の理由は、3年生の4月の時に塾の先生が受験の話をしてくれて僕をやる気にしてくれました。それからというもの、私は毎日自習室で勉強をしました。この自習席のおかげで僕は勉強に集中することができ、受験勉強へのモチベーションを保つことができました。
2つ目の理由は勉強の面白さを知れたことです。ある教科は、学校の休憩時間で問題を思わず解いてしまうほど面白さを感じていました。明光で勉強の面白さを教えてくれたおかげで、受験勉強が苦痛でもありませんでしたし、勉強が嫌になることも少なかったように感じます。
3つ目の理由は塾の先生方や塾に通っていた友達、家族が応援してくれたことです。もし誰からも応援されてなければこの1年間勉強これほどまでし続けることは無理だったと思います。特に、友達とは常に競い合い、わからないところはお互いの得意科目を質問し合いながら、頑張ってきました。仲間の存在がとても有難かったです。この文が皆さんのお役に立てたら幸いです。頑張ってください。

●S・Aさん
滝川第二中学校 プログレッシブ特進一貫 合格
夙川学院中学校 合格

私が明光義塾に通い始めたのは4年生の5月頃でした。机に向かって勉強をすることがあまりなく、机に向かう習慣を付けるために両親が願いを込めて通わせてくれました。それから、学校の成績も少しずつ伸び、自信もつきました。私は幼い頃から、漠然とした夢があり、学校の成績が上がったことで、それを明確に思い続けることができるようになりました。そして、塾の勉強や先生のアドバイスを通じて、夢の実現のためには、もっとたくさん頑張っていかなくてはならない、並大抵の努力では叶わないとわかりました。
中学受験についてはあまり深く考えていませんでしたが、従兄弟が受験をして、たくさんの可能性が広がったと聞かされ、私もしてみようと決意しました。本格的な勉強は、小学6年生の時からでした。今までと比べ、遊ぶ時間も減り、勉強をする時間は一気に増えました。正直、途中で疲れてきたり、やる気が出なくなって勉強をおろそかにしてしまうこともありましたが、明光の先生は色々な話を休み時間に聞かせて下さったり、難しい問題をわかりやすく指導して下さったおかげで、最後まで走りきることができました。
この受験の頑張りを無駄にしないように、これからも頑張っていきたいです。本当にありがとうございました。

増田淡路学区塾長から 合格者へ贈る言葉

神明はただ平素の鍛錬に力め戦はずしてすでに勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者よりただちにこれをうばふ。

古人曰く、勝って兜の緒をしめよ、と

 『坂の上の雲』
   (雨の坂 “連合艦隊解散の辞”)より
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。